読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しい体の使い方

 普段ダンスレッスンの中で思うのですが、

先生の動きを見てすぐ同じようにカッコよく動ける人と、

何度練習しても形やリズムがつかめずイマイチな人、

その違いはどこにあるんでしょう??

 

ダンスに限らずスポーツや体を使うこと全般に言えることですが

動きのコツをつかんでサクッと良いプレーをする人はきっと、

頭というより体で感覚を覚えられるのでしょう。

センスがいいとはそのことで、センスの良し悪しは、

残念ながらわりと初期の段階で分かってしまいますが、

センスは経験と知識の積み重なった結果得られるもの。

なので、地道な練習を繰り返して基礎力、センスを上げたい!

という時にこの本がきっと役に立つと思います。

 

 

 

これを読むと自分の体についての認識が少し変わります。

私も、体を動かす時に間違った位置を意識していないか確かめるようになりました。

正しいボディマッピングをすると、

体が正しく使え、コントロールが上手くいく他にも

体のゆがみや痛みが治ると言われています。

反復練習も、間違った形で続けてしまうと逆効果。

普段から間違ったマッピングの中で動いていたり、

頭を使わずただ動きを繰り返すような練習では、

単なる有酸素エクササイズになってしまい時間も体力も消耗していくだけです。

まずは落ち着いて、体と向き合いましょう。

正しい知識と意識を手に入れることによって

無駄な反復練習も減って効率よくメニューをこなせるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

books.rakuten.co.jp